カテゴリ: 広報

2017/1/12 【しぜんの国保育園の様子がNHKの『あさイチ』で生中継されます】

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

【しぜんの国保育園の様子がNHKの『あさイチ』で生中継されます!】

2017/1/12(木)9:20~しぜんの国保育園がNHKの『あさイチ』で生中継されます。

テーマは「子どもファーストな保育園」。

生中継ということで、わたしたちもドキドキしておりますが、日々の様子と、

こどもと大人が暮らす、この保育園の風景を見て頂けたらと思います。

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170112/2.html

公式HPより

園児160人が通う「しぜんの国保育園」では9時過ぎから、「朝の自由時間」がはじまります。
この保育園の特徴は室内にある“テーマ別の部屋”。「えんげき部屋」では、子どもがリーダーとなって劇の稽古をしています。
さらに「おんがく部屋」にはなんと“DJブース”が!
音楽のスピードを変えてみたり、踊ってみたり、子どもたちの創造力を発揮できる場となっています。
「しぜんの国保育園」では、子どもたちに多くの選択肢を与えて、その中で創造性を育みます。
中継では子どもたちの“創造力あふれる自由時間”をリポート。目的をもって遊ぶ子どもたちの声を聞きます。

Posted in small village, おしらせ, 広報 |

メディア情報

img_9849

しぜんの国のメディア情報をお届けします。

クーヨン11月号「ミニマル生活でゆとりの育児!」(クレヨンハウス)
には、子育てひろば担当の齋藤美和と定岡愛子がインタビューを受けています。

また、まちの保育園の本『私たちのまちの園になる』(フレーベル館)は、
園長の齋藤が、まちの保育園代表の松本理寿樹さん、東京大学・教授の秋田喜代美先生、
多摩川保育園の妹尾園長先生とお話をさせて頂いております。

 

ぜひご覧ください!

Posted in 広報 |

2016/12/11 「こどもうちゅうの学校」が開催されます

fb525c0e0d60a15a331dd5ca3871a2be_original

子どもと出会い、子どもを深める。
子どものとなりで、命に出会う。
子どもとともに社会を耕す。
一日だけの、こどもうちゅうの「がっこう」

しぜんの国保育園の園長が、1時間目の写真とサウンド ライブ・セッション
齋藤紘良×小西貴士 「音、光、子どもと(仮)」に出演します。

その後の分科会もすばらしい方々が集まります。
ぜひご参加ください。

 

2016年12月11日(日) 11:00~17:00

  • 参加費:一日通し券 5,000 円( 当日会場にてお支払い下さい)
  • 定員:300名(各分科会は定員あり)
  • 会場:聖心女子大学(渋谷区広尾4-3-1 東京メトロ日比谷線「広尾駅」
    (2番「天現寺橋(聖心女子大学) 方面」出口)下車。広尾商店街(散歩通り)を通り 約3分)

1時間目11:00〜12:00

写真とサウンド ライブ・セッション
齋藤紘良×小西貴士 「音、光、子どもと(仮)」

音ってふしぎ。弾んだり、消えたり、また生まれたり。
写真ってふしぎ。子どもの中に揺らいでる、自然と命を写しとる。
子どもと関わりながら、音楽家であり、写真家である二人によるライブ・セッション。

http://kodomo-uchu.com/kodomogakkou.html

Posted in small village, おしらせ, 広報 |

メディア情報更新

IMG_6987 IMG_6986 

IMG_6971IMG_6970

左上 学研『「対話」から生まれる 乳幼児の学びの物語』 右上ベネッセ 『ひよこくらぶ6月号』
左下 フレーベル館『保育ナビ』 右下 『赤ちゃんとママ』

2016年に入り、またたくさんの書籍、雑誌に取り上げて頂きました。

学研『「対話」から生まれる 乳幼児の学びの物語』・・・0.1歳の保育の実践

『ひよこくらぶ6月号』・・・室内開放園庭開放の紹介

『保育ナビ』・・・「地域につながる保育」園長インタビュー&保育実践

『赤ちゃんとママ』・・・雨の日に聴きたい音楽 園長がセレクトしたCDが3枚紹介されています。

ぜひ、ご覧ください!

 

Posted in 広報 |

日本保育学会第69回大会に齋藤紘良が登壇します

taikai
 
日本保育学会第69回大会
新たな時代の保育を構想する~若手リーダーたちの模索~
にしぜんの国保育園の園長・齋藤紘良が登壇します。
 

会 期
2016年5月7日(土)・ 8日(日)

開催地
東京学芸大学 小金井キャンパス (東京都小金井市貫井北町4-1-1)

テーマ
乳幼児期の教育/保育の再構築 -研究と実践と政策を越境する-

 

第69回大会実行委員会

実行委員会顧問 汐見 稔幸 (白梅学園大学)
実行委員長 岩立 京子 (東京学芸大学)
副実行委員長 無藤  隆 (白梅学園大学)
事務局長 倉持 清美 (東京学芸大学)
副事務局長 師岡  章 (白梅学園大学)
 
新たな時代の保育を構想する~若手リーダーたちの模索~
 
企画者・司会者  松 永 静 子 白梅学園大学
企画者・指定討論者  汐 見 稔 幸 白梅学園大学
司会者  妹 尾 正 教 仁慈保幼園
話題提供者  
青山 誠 りんごの木
斎 藤 紘 良  しぜんの国保育園
平 田 嘉 史  府中白糸台幼稚園
松 本 理寿輝  まちの保育園

http://www.gakkai.co.jp/hoiku69/participant.html

Posted in small village, 広報 |

【メディア情報】月刊誌MOKU/月刊クーヨン

IMG_6527 IMG_6530

生きる意味を深耕する月刊誌『MOKU』では、

園長インタビュー『子どものためを問い続ける―強く生きる力を育てる場づくり―』、

育児をまじめにたのしく!月刊『クーヨン』の特集『愛で世界を変えていくママ・パパ102人』には

その中のひとりとして園長がアンケートに答えています。

どちらも今の時代に問いかける雑誌になっています。ぜひご覧ください。

Posted in small village, 広報 |

【講演情報】京都造形芸術大学 「保育にアートは必要か?」

キャプチャ

しぜんの国保育園園長齋藤が、京都造形芸術大学卒業展のシンポジウムにて登壇いたします。

////////////////////////////

平成27年度京都造形芸術大学こども芸術学科研修会
「保育にアートは必要か?」
日時:平成28年3月5日(土)13:00〜16:30
会場:京都造形芸術大学未来館4Fこども芸術大学
シンポジウム:「養成校と保育教育現場における連携と協働に向けて」
難波元實(さざなみの森幼稚園園長)、齋藤紘良(しぜんの国保育園園長)、岡田美保(いまむらこどもえん園長)

お問い合わせ:京都造形芸術大学こども芸術学科研究室
http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/sotsuten/

Posted in 広報 |

【講演情報】素敵な幼児共育コレクションin関東

オトナノセナカ

1/17(日) 12:45-16:00(予定)
場所:スクエア荏原 1Fイベントホール
東京都品川区荏原4-5-28
(武蔵小山駅徒歩10分)

オトナノセナカ企画『素敵な幼児共育コレクション』にて
園長が講演致します。
http://otona-no-senaka.org/event/1800/

概要

毎日の子育ての視野を広げる、年に一度の大チャンス!
参加者の皆様に、毎年とても高い満足度を頂いています♪

素敵な幼児共育コレクションとは!?
選りすぐりの幼児・保育教育のプロフェッショナルが、 ”今日から実践できる、
子育てのノウハウやヒント”をおすそ分け! 知れて、学べて、繋がる、 とってもお得な楽しい時間。

  • 子どものこころに寄り添う保育
  • 子どもの主体性を育む保育

これらを大切にされている園・先生をギュッと集めて一挙ご紹介致します!

Posted in small village, おしらせ, 広報 |

メディア情報「赤ちゃんとママ」

IMG_0114IMG_0113

月刊『赤ちゃんとママ』に、じぜんの国保育園で開催された
サウンド園庭の様子が掲載されました。

『ふれあい・支えあい―子育て支援のいま―』の
コーナーで「大人も子どもも楽しめる“保育園発信のEXPO”」
というタイトルで取材記事を掲載して頂いております。

詳しくはコチラ!

http://www.akamama.co.jp/akamama

Posted in small village, 広報 |

【撮影協力】日経BPムック「保育園に入りたい!」

IMG_5724

日経BPムック「保育園に入りたい!」の取材協力を致しました。

編集者の方ご自身も、お子さんが保育園に通われているということで
子育て中の方、保育園探している方のための本を作りたいという思いが
つまった本です。

IMG_5725

ぜひ、ご覧ください!

http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/246550.html

Posted in small village, 広報 |