月別アーカイブ: 3月 2016

【3/16 地域プログラム】知っていますか?産後ケア ―お母さんの心とカラダのケア―

mori2

しぜんの国保育園 地域プログラムのお知らせです。

3/16(水)10:00~
お母さんのためのエクササイズ!
知っていますか?産後ケア―お母さんの心とカラダのケア―

※要予約 定員制 無料  ※15分前にはおこしください

妊娠中は手厚いケアに恵まれていたのに、出産後は放置されがちな母親の健康。
本格的に子育てが始まった今だからこそ、母親には心とからだの健康のためのケアが大切!というコンセプトで活動されている
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクターの野村智子さんをお呼びしました。

産後に必要なのは『ちょっとムリしてでも自分でがんばるガッツ』よりも
ひとりで抱え込まず、コミュニケーションをとって人に委ねられる度量
全国にひろまっているこの活動、町田市で開催されるのは、とってもめずらしいので、ぜひこの機会をお見逃しなく!!

対象:町田市在住 妊娠12週以降で運動を制限されていない妊婦さん
産後2ヶ月目以降の方と赤ちゃん(1か月健診を過ぎていればOK)
●赤ちゃんの同伴は5ヵ月までとしています。

持ち物:運動できる服装(ジーンズ不可、ストッキングも不可)※汗をかくので着替えをお持ちください。
●タオル●飲み物●赤ちゃんの着替え、オムツ(※産後の方)
準備:動きやすい服装でいらしてください 予約:042-793-4169(しぜんの国保育園)

講師:野村智子
NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター。
多摩地域にて、産前・産後の女性のためのヘルスケアプログラムを伝えている。
立川市で産後クラスを開催のほか、日野市、福生市の助産院クラスや保育園での講座を担当。日野市在住。

ちらしのダウンロードはこちら!3-16産後ケア+

Posted in small village, おしらせ |

【メディア情報】月刊誌MOKU/月刊クーヨン

IMG_6527 IMG_6530

生きる意味を深耕する月刊誌『MOKU』では、

園長インタビュー『子どものためを問い続ける―強く生きる力を育てる場づくり―』、

育児をまじめにたのしく!月刊『クーヨン』の特集『愛で世界を変えていくママ・パパ102人』には

その中のひとりとして園長がアンケートに答えています。

どちらも今の時代に問いかける雑誌になっています。ぜひご覧ください。

Posted in small village, 広報 |

【講演情報】京都造形芸術大学 「保育にアートは必要か?」

キャプチャ

しぜんの国保育園園長齋藤が、京都造形芸術大学卒業展のシンポジウムにて登壇いたします。

////////////////////////////

平成27年度京都造形芸術大学こども芸術学科研修会
「保育にアートは必要か?」
日時:平成28年3月5日(土)13:00〜16:30
会場:京都造形芸術大学未来館4Fこども芸術大学
シンポジウム:「養成校と保育教育現場における連携と協働に向けて」
難波元實(さざなみの森幼稚園園長)、齋藤紘良(しぜんの国保育園園長)、岡田美保(いまむらこどもえん園長)

お問い合わせ:京都造形芸術大学こども芸術学科研究室
http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/sotsuten/

Posted in 広報 |

園だより3月

3月の園だよりです。

ダウンロードはコチラからどうぞ

園だより3月

Posted in 園だより |