採用情報

 ◯採用について・・・
https://sizen-no-kuni.net/recruit/


◯各園園長からのメッセージ
はこちら!
http://toukoukai.org/wordpress/sizen/message/

 

職員インタビュー

しぜんの国保育園
K先生(保育士)

海外研修にも参加して、ひとつひとつスキルアップ。
経験年数を重ねながら、「子どもと過ごす時間は本当に幸せ」と、いつも新鮮に子ども達と向き合っています。

Q:しぜんの国保育園の第一印象を教えてください

A:短大の先生に教えてもらって知ったのですが、この環境を見たとき、本当におどろきました。このような魅力的な環境で保育できるのはすごくうれしいなあと思っています。

A:学校で学んだことで、今も保育に生かされていることを教えてください。

それぞれの年齢の発達などを頭にいれながら保育しているのですが、その基礎を学ぶことが出来ました。実際やってみると教科書どおりではないのですが(笑)。一昨年、0歳をはじめて担当したときも、教科書を引っ張り出してきて0歳の成長を改めて勉強しました。

Q:園で行なわれている海外研修についてもお話を聞かせてください。

A:ドイツとフィンランドに行きました。それまでは、海外の保育を知らなかったけれど、実際に見て感じて学び、海外の「見守る保育」を学ぶと共に、日本の良さも改めて感じました。この経験を自分の保育にとりいれていきたいと思いました。

Q:園内の研修や、他のスキルアップの研修についても教えてください。

A: 園内では、ヨガ・デザイン・音楽・芸術・フラワーアレンジメント・里山文化研究から選ぶことが出来ます。私自身、いまは、デザインを学んでいるのですが、 色やアイデアなど、保育に活かすことができていますね。あとは、リーダシップ研修にも参加しているのですが、この研修を受けたことによって、自分の役割を再確認できました。

Q:このインタビューは保育士を目指している学生さんも読むと思うのですが、ずばり、保育士の仕事の魅力を教えてください。

A:近くで子どもの成長を見られることは幸せです。また卒園後も遊びに来てくれるので、子どもの成長を見続けられることは本当にうれしいです。

Q:では、保育士としての今後の目標を教えてください。

A:東香会は、子ども一人ひとりを大切にしているところが素敵だなと感じています。わたし自身も、子ども達に接しながら、一緒に楽しい経験をすることを大事にしたいです。これからも、子ども達にとっていい時間を過ごすことができるように、心がけていきたいと思います。

 

採用方針

応募の前に・・・

子どもと接する者すべてが保育者です。のびのびと子どもと関わりたい方、是非お問い合わせください。

当園の理念「子ども中心」

あくまでも、「こども中心」の保育を実践しております。 利用者、 しかも、「子ども」を中心にすべての職員の行動が収斂すべく、すべてのプログラムを考えています。 子どもにおもねるという事ではなく、子どもにとって何が良いことか、という事が中心の考え方になります。

当園の職員に求めること

我々が職員に求めることは、こども好き、だけではありません。 なにか、自分のテーマについて自分自身が、他の誰にもまねのできない何かを持ってることです。 そしてその「何か」について、自分が中心になって実践していただきたく思います。 楽しみながら仕事に取り組む姿勢は、必ず子ども達の良い手本になり、次世代へとつながっていくでしょう。

プロとしての覚悟

保育園、幼稚園の仕事は、4月から、3月までの通年の仕事が一単位になります。 年度途中での先生の入れ替わりは基本的に避けたく思っております。 保育士、教諭としての責任感ある方の応募をお待ちしております。 子どもに好かれる、魅力ある方の応募をお待ちしております。