保育のこと

ののはなの保育

すべて子ども中心
「子どもの眼を通して、一つ一つ保育を考えていきます。」
0歳児
自然や動物とかかわりながら散歩やごっこ遊び
1・2歳児
思いきり体を動かし、家庭的な環境のなかで製作やリズム遊び
3~5歳児
絵画、粘土、体操等の他に、里山環境を生かした、戸内外による保育

ののはな文京保育園の面白いところ

 

食育

「給食」と「保育」がいつも関連して子ども達の心に響くよう、オリジナルの「物語メニュー」の導入や季節感、伝統食にも配慮した食文化【味覚】を行います。

田んぼ

地域の方にお借りしている田んぼで、子どもたちは、正月に食べる餅米を育てています。

クッキング

新茶の季節には、お茶や、お団子づくり。寒い季節には、白菜漬け。その他、色々なお料理に挑戦します。

食農

季節の野菜を種まきから収穫まで、子どもたちが行い、食育につなげています。

リズム活動

身体を動かし、リズム感のある体力を養う活動をします。

自然体験

自然体験プログラムを通して、四季を感じ、環境を活かした自然教育を体験します。

いつもと違う日

日本の伝統文化継承、年中行事、遠足、人形劇、コンサート、異年齢児交流、動物村の管理、卒園生交流等で地域とのかかわりあいを持ちながら、いつもと違った時間を企画しています。

国際交流

国際交流を積極的に受け入れています。こども達が、地球市民として、将来を担ってほしいと願っています。(中国の関係園「北京ふたば幼稚園」)

保育園の一日


  1. AM
    7:00 開園

    毎朝、大きなエントランスのドアを開けて各教室に向かいます。

  2. AM
    8:30-9:15 年齢別クラス保育

    年齢に分かれて受け入れ、保育を行います。


  3. AM
    9:15 朝の集い

    季節のうたを歌ったり、対話を行います。子どもたちと保育者との楽しいコミュニケーションの時間です。

  4. AM
    10:00 オープン保育活動

    異年齢で、自由に自分の好きな活動を行います。


  5. AM
    11:00 給食

    毎日完食するほど美味しい給食を、ランチルームで食べます。


  6. PM
    1:00-3:00 午睡

    身体に休息を与え、午後の活動に備えます。

  7. PM
    3:15 おやつ

    子どもたちが手作りしたものや、年中行事に合わせたおやつを食べます。

  8. PM
    4:30 お帰り

    おうちの方と、今日あった事を話しながら次々とお迎えがきます。

  9. PM
    6:01 延長保育開始

  10. PM
    6:15 延長保育軽食

  11. PM
    8:00 閉園